アンサンブル

Ensemblefoto ブラス・アンサンブル「10フォー・ブラス」 は、ドイツ全国の若い音楽家によって2010 年に設立されました。彼らはシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭祝祭管、グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラ、ユンゲ・ドイチェ・フィルなど高く評価されている国際的なオーケストラの出身で、多くは現在ハンブルク・フィル、ヴュルツブルク・フィル、リューベック・フィル、北西ドイツ・フィル、ブレーメン劇場管などのドイツの有数のオーケストラのメンバーです。 2011 年10フォー・ブラスはドイツ音楽コンクールで奨学金を授与されました。2013 年にはフェリックス・メンデルスゾーン音楽院コンクールで 第2位を受賞、ドイツ国内での野外を含むコンサート、教会コンサートなどで聴衆を楽しませています。例えば、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、MDR夏の音楽祭 などにゲスト出演をするだけでなく、エッセン・フィルハーモニーホール、ハンブルク・ライス・ホールやベルリン・フィルハーモニーホールなどでも演奏しています。またブラス・アンサンブルとしてだけでなく、オルガンや合唱との共演もしています。 2013年にはGENUINレーベルからデビューCD「ポートレイト」を、2枚目のアルバムはブラス・アンサンブルのために作曲された作品を集めた「オリジナル」を2015年夏にリリースしています。 彼らはブラス・アンサンブルのクラシック・レパートリーの室内楽的なコンサートだけではなくポップスやジャズ、様々な時代の音楽を取り入れて、合唱やオルガンとのコラボレーションや、作曲家・アレンジャーとの綿密な連携によりこのアンサンブルためのだけの作品を生み出すことやブラス・アンサンブルの発展と裾野を広げる幅広い活動を行っています。